一般歯科

  • 診察メニュー
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • 義歯
  • 口腔外科
  • インプラント
  • 審美歯科
  • ホワイトニング
  • ブライトニング
  • ガムピーリング
  • 口腔予防センター
  • 訪問診療
  • 自由治療 治療費一覧
  • 院内紹介
  • 設備紹介
  • 求人情報

アクセス 〒841-0015 佐賀県鳥栖市田代上町221 駐車場25台完備

Web予約はこちらから

アクセス地図

詳しくはこちら

アクセス 〒841-0015 佐賀県鳥栖市田代上町221 駐車場25台完備

Web予約はこちらから

HPはこちら

アクセス 〒841-0015 佐賀県鳥栖市田代上町221 駐車場25台完備

詳しくはこちら

  • もんじ歯科医院 ゆめタウン久留米 年中無休 0942-45-7464
  • 関連施設
  • 院長ブログ
  • 歯科タウン

どうしてむし歯や歯周病になるの?

むし歯や歯周病は多くの方が経験されるお口のトラブルです。
どちらも細菌による感染症で、初期症状が出にくいという特徴があります。
そして放っておくと徐々にお口の健康が損なわれてしまいます。

むし歯や歯周病のことを知って、その治療や予防に役立てましょう。
気になる症状がありましたら、佐賀県鳥栖市の門司(もんじ)歯科医院にご相談ください。

むし歯

むし歯

むし歯とは、歯の表面(エナメル質)に付着したむし歯菌が食べカスの中に含まれる糖分を養分にして酸を出し、歯を徐々に溶かしていく病気です。
ごく初期の白濁程度のむし歯にかぎり、削らずに治ることもありますが、通常はどんどん進行。
放っておくと歯を失うことにつながる怖い感染症です。

むし歯治療
歯の神経の状態 段階 治療内容 治療
歯の神経が残せる ごく初期の小さなむし歯 フッ素塗布 予防やメインテナンスをする
小さなむし歯 むし歯部分を削る 歯科用プラスチックをつめる
大きなむし歯 むし歯部分を削り、型を取る インレー(つめもの)やアンレー(おおきなつめもの)またはクラウン(かぶせもの)を装着
歯の神経が残せない 歯の神経の切断(一部を残す) 歯を削って型を取り、かぶせものをする
抜髄(歯の神経を抜く) 根管治療をして、根管充填する アンレーまたはクラウンを装着
神経が死んでしまった歯 感染根管治療(感染した歯の根の治療)
抜歯(歯を抜く) ブリッジ・義歯またはインプラント治療を行う

むし歯の治療は、その発見が早ければ早いほど、歯へのダメージや痛みも少なく、治療が簡単で通院回数が少なくなります。「歯が痛い」「歯がしみる」などの気になる症状がありましたら、お早めに当院にご相談ください。

歯周病

歯周病

歯周病は、お口の中の歯周病菌が、歯ぐきの炎症を起こし、悪化させると顎の骨を溶かしていく感染症です。
放っておくとやがては歯が抜けてしまう怖い病気です。

初期症状がほとんどない歯周病。
「歯ぐきから血が出る」「歯ぐきが腫れている」「歯がグラつく」などの症状があらわれたときには、すでに進行していることがほとんどです。むし歯同様、歯周病も早期発見・早期治療が大切です。
気になる症状がありましたら、お早めに当院にご相談ください。

歯周病と全身の病気との関連

お口の中だけの病気と思われがちの歯周病ですが、最近の研究報告により全身の病気との関係が指摘されています。

~歯周病と関連があるとみられる全身の病気~

・糖尿病 ・高血圧 ・高脂血症 ・動脈硬化 ・狭心症 ・心筋梗塞 ・脳卒中 ・肺炎 ・骨粗鬆症 ・早産 ・低体重児出産 など

歯周病は、高血糖や高血圧のような生活習慣病の発症に影響し合うことがわかってきました。
そして、糖尿病との相互関係が報告されています。
歯周病菌が血管に入ると血栓が起こりやすくなるので、心臓病や心筋梗塞のリスクが高まり、肺に入ることで肺炎を起こすことも。また、妊婦さんが歯周病にかかると、早産のリスクが増え、低体重児出産を引き起こす可能性も高まります。
つまり歯周病の治療は、お口の中だけでなく、全身の健康維持のためにも重要な治療なのです。

歯の大切な役割

口は、栄養を取り入れる玄関です。
そのためお口のトラブルは、身体の健康にも影響します。歯やお口の大切な役割を再認識していただくことで、普段の歯やお口のケアの重要性を見直していただければと思います。

1.食べること

食べること

栄養の摂取だけでなく、味わう喜びをとおして、生きる意欲につながります

2.話すこと

話すこと

ハッキリとした発音のためには、歯が重要な役割を果たします

3.脳への刺激

脳への刺激

よく咬むことで脳が刺激され、血流がよくなり、脳の細胞の働きが活発になります

4.唾液の分泌

唾液の分泌

殺菌作用や免疫物質を含んだ唾液は、よく咬むことによって分泌が活発になります

5.平衡感覚を保つ

平衡感覚を保つ

しっかり歯が咬み合うことで体のバランスが保たれ、歩行の安定にもつながるといわれています。

6.ストレスの発散

ストレスの発散

食べたり、笑ったり、歌ったりすることがストレスの発散につながります

7.表情をつくる

表情をつくる

前歯が一本でもなくなると、お顔のイメージがガラッと変わります

先生からひとこと

むし歯や歯周病は、予防できる病気です。
それには、毎日の歯みがきによるケアと歯科医院での定期検診が効果的です。専門家である歯科医師が定期的にお口の中を診ることで、小さな変化もチェック。もし悪化していても早期治療につながります。
また歯科衛生士による定期的な歯のクリーニングで歯垢や歯石を除去することでお口のトラブルを予防します。

皆様の歯の健康をできるだけ永く守るためのサポートをいたします。健康な歯、噛める歯を保つために、ぜひ定期検診をご活用ください。

先生からひとこと

診療予約はこちらです